忍者ブログ

今日の晩御飯はサンマ定食

読んだもの見たものやったものを自分なりに整理、紹介。備忘録。

敗北から更なる成長を遂げたベル達の活躍劇。ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか12巻読了。


先日のソードオラトリアに引き続き、またダンまちの感想を書いていきます。
今回は本編12巻ですね。
11巻での敗北から成長を遂げたベルの活躍が描かれつつ、これからの話へと繋がる序章のような話になっていましたね。


拍手[0回]

PR

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8巻読了。ベートの過去と今の話。


ソードオラトリアの8巻を読み終えての感想を書いていこうと思います。
まぁ9巻もすでに出ていて、しかも読み終わっているんですが、その前に8巻の方の感想をね、書いていこうということでね。

というか刊行ペース早すぎるんじゃないですか?
本編もソードオラトリアもファミリアクロニクルも出してて、月1とまでは言いませんが2ヶ月に1冊くらいは普通に出てますよね。
どんなペースで書いているんだ、と驚きます……。

あ、ネタバレなんかもありますので未読の人はそちらを先にどうぞ。


拍手[0回]

クロックワーク・プラネット1~3巻読了。天才たちが世界を振り回す物語。


ノーゲーム・ノーライフの著者・榎宮祐が暇奈椿と共著として出している『クロックワーク・プラネット』。
その1~3巻を読み終えての感想です。

設定的には未来なんですが、歯車などの技術が発展して出来た不思議な世界観の物語でした。
こういうの、ファンタジーって言えば良いんですかね……?


拍手[0回]

謎多きエルフ リューと豊穣の女主人の秘密に迫る。ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー読了。


本編でベルを何度か助けたことのあるエルフ リューを主役に据えた外伝小説『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー』が発売されました。
ファミリアクロニクルシリーズとしてこれから続いていくようで、本編やソードオラトリアともまた違った雰囲気の作品として、ダンまちワールドを作り上げていくようです。

そんな1冊目episodeリューを読み終えての感想を書いていこうと思います。


拍手[0回]

灰と幻想のグリムガル10巻感想。グリムガルの真相への序章となる1冊でした。


灰と幻想のグリムガルの10巻が発売されました。
今回は前回までとはちょっと異なる話で、グリムガルの根幹に関わるような、そんな話の序章という雰囲気でした。


拍手[0回]

最果てのパラディン3巻上下巻感想。竜との決戦と勇気の在り処。


遂に竜との決戦となる第3巻を読み終えたのでその感想を書きます。
上巻でその準備をして、下巻で遂に決戦、というような流れでした。


拍手[0回]

最果てのパラディン2巻読了。外の世界へ飛び出したウィルの精神的成長を描いた第二巻の感想。


先日読んで感動した最果てのパラディン。
その2巻を読み終えたのでその感想を書いておきます。

ネタバレもあるのでそういうの気になる人は回れ右でお願いします。


拍手[0回]

ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム感想。大戦を描いた短編集から見直すディスボードの歴史。


ノーゲーム・ノーライフの短編集であるプラクティカルウォーゲーム。
読むだけ読んで感想を書いてなかったので今更ながら感想を書いていきます。


拍手[0回]

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか感想記事まとめ。


ダンまち関連の感想記事が多くなってきたのでこちらにリンクをまとめておこうと思います。
基本的にはこちらから各記事に飛べるようにしていきます。


拍手[0回]

最果てのパラディン1巻読了。描かれる成長とともに読者も変わっていく物語でした。


異世界で生まれ変わり第二の生を精一杯生きる成長譚、最果てのパラディンの1巻を読み終えました。
途中なんども涙を零すような素晴らしい1冊だったので感想をまとめておこうと思います。


拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS

プロフィール

HN:
譲治
性別:
男性

スポンサーリンク

最新コメント

[01/04 南譲治]
[12/31 NONAME]
[06/23 南譲治]
[06/22 Suberaki]

最新トラックバック

ブログ内検索

Copyright © 今日の晩御飯はサンマ定食 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]