忍者ブログ

今日の晩御飯はサンマ定食

読んだもの見たものやったものを自分なりに整理、紹介。備忘録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサーリンク


その他の記事はこちら

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア5巻読了。物語の間章としての1冊。


ダンまちの外伝であるソード・オラトリアの新刊を読みました。
今回は何か特別なことがあった、というよりも、今までの物語の間章という感じでしたね。


拍手[1回]


スポンサーリンク


感想

この巻は時間軸的に言うと、本編でベルが18階へ最初に到達した時の話になりますね。
特別なゴライアスと戦うあの話の直前です。
アニメの最終話付近っていうとわかりやすいでしょうか。

その裏でロキ・ファミリアはこんなことしていたよ、とか、別の視点から見るとベルたちはこう映っていたんだよ、というような内容で、最初に書いたように別段特別なことがあるわけではないですね。
ただ、レフィーヤの視点からが多いこともあって、気持ちの変化が見やすく、わかりやすくできているなぁという印象ではあります。

この巻で語られる話としては、やっぱりロキ・ファミリアの主力達にとってベルのミノタウロス戦が印象に残っている、ということでした。
冒険者である彼らが、自身の限界を超えて冒険をするベルを見たことで、彼を冒険者として認めているのが伝わってくるのが良かったですね。
一方そんなアイズたちを認められないレフィーヤの葛藤なんかもしっかり描写されています。

あと印象的なシーンとしては終盤のモンスター戦ですね。
レフィーヤとベルが共闘するシーンで、並行詠唱やらベルに指示出しするレフィーヤも良かったのですが、やっぱり《英雄願望》発動シーンが好きすぎてたまらないわけですよ。

あとはリューの戦闘シーンですよね。
剣士としても一級なのに大火力の魔法を並行詠唱して、さらに戦闘後には回復魔法もこなす。
一人で完結されているのがリューらしいといえばリューらしいのですが。

そんな感じで、基本的にはベルに対して噛みつくレフィーヤが共闘を通じて、まぁ少しは認めてやるか嫌いだけど、くらいになったよ、という話でしたね。
闇派閥の残党なんかも出てきましたし、アイズが精霊の血を引いていることも分かりましたし、ついでに言うとベルの親が誰なのかも分かった感じはありますし、大きい話が結構あったといえばありましたが、次への布石というくらい。
アイズについては自分から語る流れでしょうし、ベルの方は、ヘルメス経由でゼウス出てきて、とかでしょうか。
まぁその時を楽しみにしましょう、というね。


次の6巻は2016年の春らしいのでそれまで待ちましょう。

そういえば見返して気づいたんですが、本編9巻の巻末に書いてあった10巻の発売時期ですが、これ2016年の間違いですよね。





※ 他の巻・外伝の感想はこちら

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか読了。7巻分の感想をまとめました
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8巻読了。気がついたら泣いている恋愛日常編。
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9巻読了。新章開幕のその前編。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア読了。4巻分の感想をまとめました
PR


スポンサーリンク


その他の記事はこちら

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS

プロフィール

HN:
譲治
性別:
男性

スポンサーリンク

最新コメント

[01/04 南譲治]
[12/31 NONAME]
[06/23 南譲治]
[06/22 Suberaki]

最新トラックバック

ブログ内検索

Copyright © 今日の晩御飯はサンマ定食 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]