忍者ブログ

今日の晩御飯はサンマ定食

読んだもの見たものやったものを自分なりに整理、紹介。備忘録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサーリンク


その他の記事はこちら

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか読了。7巻分の感想をまとめました

最近話題の ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか を最新の7巻まで読み終えたのでその感想をまとめておこうかと思います。


拍手[0回]


スポンサーリンク



あらすじ
世界で唯一、ダンジョンと呼ばれる地下迷宮を有する都市オラリオ。
神の恩恵を受けた冒険者と呼ばれる者は未知なるものや栄誉を求め、迷宮へと潜る。
不純な動機を胸にダンジョンへ向かう主人公のベルもまた、冒険者の一人だ。
駆け出し冒険者の彼が様々な人に出会いながら進んでいく、成長の物語。


1巻感想

眷属の物語のプロローグ、というような巻。
主人公であるベル・クラネルがダンジョンへ進むための指針を得る話、というべきでしょうか。
ヘスティア・ファミリアという神様と1人の構成員のみのファミリアで、強くなりたいと願った主人公と、一人ではないと言うかのように強くなるための手助けをするヘスティアの絆が、印象に残ります。


2巻感想
1人でのダンジョン探索を続けるベルが始めてパーティを組む話。
サポーターという冒険者の探索をサポートする役職の話なのですが、なかなか面白いところに目をつけたなぁと思いました。
ドロップアイテムやらなにやらを冒険者が闘いながら自分で全て持ち運ぶ、というのは非合理的ですし、それ専属の役職があるはず、というのは言われてみれば確かに、となりました。

また、戦えないサポーターという役職への『差別』についても触れていて(と言うよりこれがこの巻の主題)、ちょっと考えさせられる話でもありました。


3巻感想
読み終わった時に『一部終わったな』と思っていたらあとがきにしっかり第一部完と書いてありましたね。
この巻は主人公のベルが目標へ向けて本格的に進み始める話でした。
英雄になりたいと願い、憧れの人から技を学び、トラウマを克服する。
1巻からの話が綺麗にまとまったな、という印象ですね。

ミノタウルス戦のベルの奮闘、それを見守る一級冒険者達のシーンが本当に好きで、1巻で馬鹿にしていたベートがその姿を認めること、そしてベル自身がトラウマに向き合い、打ち勝つこと、それらがベルの成長の様子を見事なまでに表現していたと思います。


4巻感想
ランクアップを果たしたベルが、更に先へと進むための仲間を得る話。
パーティを組むということと、訳あり鍛冶師の事情との語りで、次の巻へのプロローグという感じでした。
個人的には、ヴェルフが牛若丸を作るシーンが本当に好きで、職人の仕事というか業というか、そういうものが伝わってくるシーンでした。


5巻感想
今まで順調に進んできたからこその転落の話。
印象的なシーンとしては、縦穴転落後のリリが機転を聞かせるシーン。
優秀な参謀、と言われる箇所もあるように、パーティのために経験や知恵を役立てる様子が本当にかっこいいですよね。
また、その先の消耗戦や、共闘しての階層主との戦闘のシーンはまさにダンジョンファンタジーというような展開で手に汗握りました。
階層主との戦闘に関して言えば、レイドボスとの戦闘という感じで、うまく臨場感を表現しているなぁと強く感じましたね。
ベルの英雄願望が大鐘楼の音を響かせ始めたところなんかはページを捲る手が急いてしまうのを止められませんでしたし、熱いシーンがかなり多い巻でした。


6巻感想
5巻とは打って変わって地上の話でした。
今まではダンジョンで必死に生き残ってきた、という感じでしたが、この巻では他者の思惑、陰謀といったものによって搦め捕られそうになるのを、立ち向かい、そして打ち倒す、という展開でしたね。
まどろっこしいやりとりというものも好きといえば好きなのですが、この作品に対してはもっとダンジョン内であれこれしてもらいたい、という気持ちの方が強いこともあり、5巻ほど盛り上がれませんでした。
フレイヤやヘルメスといった神々の思惑を水面下から引き上げるためには必要だったのかな、とも思いますが。
そして、ファミリアが拡大するきっかけとしても意味のある巻でもありました。


7巻感想
残酷な話だという印象です。
さらにダンジョンから離れ、娼婦のような都市の裏の一面との話になっていたので、6巻の時同様あまり盛り上がれなかったなぁという感じでもあります。
ただ、作品的にはフレイヤが動いた、ということでかなり重要な話になっていますね。

春姫救出時の命の戦闘シーンはかっこよかったです。
忍の箇所もそうですし、魔法を使用するシーンもいいですよね。
大切な人を救うために自身を投げ打ってでも相手の裏をかく、っていうのがテンション上がりますね。


7巻まで読んで
ゲームにおける『お約束』をうまく設定に落としこんでいるなぁと感じました。
魔石についてもそうですし、2巻で出てくるサポーターについてもそうです。
パラメータについても個人的にはかなり好きなタイプです。

ただ、最新刊付近だと全体的に高レベルの人だらけになっていて、Lv2に上がる事自体才能と言っていたのが若干霞んでいるようにも思います。
このへんは数値化の悪い箇所ですね。

どの巻が好きかと聞かれたら、今のところは3巻と答えますね。
ミノタウルス戦は本当にかっこよく、この作品の中でも最も印象に残っているシーンです。
これからもダンジョンで知恵と勇気と技量と憧憬で強敵に立ち向かって行ってもらいたいですよね。
それと個人的には『憧憬一途』の対象はアイズではなくヘスティアだといいなぁと思っていたりします。
憧れかというと違うようですし、ちょっと無いかもしれませんが。


他の巻の感想はこちら
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア読了。4巻分の感想をまとめました
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8巻読了。気がついたら泣いている恋愛日常編。


PR


スポンサーリンク


その他の記事はこちら

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS

プロフィール

HN:
譲治
性別:
男性

スポンサーリンク

最新コメント

[01/04 南譲治]
[12/31 NONAME]
[06/23 南譲治]
[06/22 Suberaki]

最新トラックバック

ブログ内検索

Copyright © 今日の晩御飯はサンマ定食 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]