忍者ブログ

今日の晩御飯はサンマ定食

読んだもの見たものやったものを自分なりに整理、紹介。備忘録。

PS4でパッケージ版が発売予定の『Hyper Light Drifter』についてまとめてみる。


5/25に発売予定のPS4版ハイパーライトドリフター。
すでにSteam版が発売されてから結構経っていたりもするんですが、まだプレイできていないんですよね。

そんなわけで自分のモチベーション上げも兼ねて、PS4版発売するよ!ということを色んな人に知ってもらうために、どんなゲームなのかをざっくりまとめて行こうと思います。



スポンサーリンク


どんなゲーム?

主人公はドリフターと呼ばれる世界を旅する者の1人。
ただ彼は病に侵されているんですよね。
そんなドリフターがその治療法を求め、『埋もれた時の地』を冒険していく、というのがハイパーライトドリフターのあらすじとなります。
ただ、ストーリーらしいストーリーは作中では語られないようで、旅をするその様子を見つめながらストーリーを想像していく、そんな作品とのこと。

このゲームの紹介記事やレビューを読んでいて感じるのは以下の3つのキーワードです。
・言語の境界の撤廃
・幻想的なピクセルアート
・高難度のアクション


言語の境界の撤廃

このゲームは言葉をほぼ完全に取り払っているんですね。
最初のチュートリアルで少しだけ英語があるらしいのですが、それ以降はビジュアルによる説明のみ。
これによって『想像力』が大いに刺激されることになるでしょう。

なぜドリフターが旅をするのか、といったこのゲームの根幹部分の解説は特に無く、得られた情報、体験からその全貌を想像することで物語が完成する。
最近の説明過多なゲームとは異なる体験をハイパーライトドリフターは提供してくれるようです。


幻想的なピクセルアート

実は個人的にはストーリーというよりもそのビジュアルに魅力を感じていたりもします。
本作のトレーラーが公開されているのですが、その序盤に巨神兵のような怪物が登場します。
もうそれだけでこの作品に惹かれてしまうんですよね。


こういう古代遺跡や超文明、強大な存在が描かれた世界を堪能できる。
それが最大の期待なんですね。


高難度のアクション

ハイパーライトドリフターの説明をする際にかならず挙がるのがアクションです。
剣での攻撃と銃での攻撃、そしてダッシュ移動の3つを巧みに使って敵を倒していかなければなりません。

この要素についてはまだプレイできていないのでなんとも言えませんが、ガシガシ死亡して、それでも先へと進んでいくような死にゲー的な雰囲気がありますよね。
タイミングを読んで的確な行動を取っていく。
その中で自分自身の上達を感じられるような、そんなゲームなんじゃないでしょうか。


さいごに

まだ遊んでもいないのですが、知っている情報を共有したくてあれこれ書いてみました。
もっと詳しいことは以下のレビューを読んで貰えればそれでわかるんじゃないかと思います。
自分もこれを読んでハイパーライトドリフターに興味を持ちましたからね。

『ゼルダ』や「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』は美しくもムズかしいアクションRPGだった
『Hyper Light Drifter』レビュー 想像力で駆動する世界創造のエンジン
インディーズゲームの小部屋:Room#426「Hyper Light Drifter」


最初に書いた通り、本作はすでにSteam版が発売されています。
さらに、海外PSNではダウンロード版が発売されていたりもするんですよね。
言語があまり必要ではないらしいので待ちきれない!という人はそちらで遊ぶのもありだと思います。

ちなみに、5/25に発売するのは『パッケージ版』です。
日本語のダウンロード版ではなく、パッケージ版なんですね。
こういうゲームがパッケージとして世に出てくれるのは嬉しい限り。
さらに言うと特典としてマップが付いてくるんですよ。
この世界観に魅了されている人間としては、マップで全景を眺めたり出来るのはかなり嬉しい特典だと思いますね。

もし興味を持ってくれた人がいれば、一緒にハイパーライトドリフターをプレイしてあれこれ語り合いたいですね。

拍手[0回]

PR


スポンサーリンク


その他の記事はこちら

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS

プロフィール

HN:
譲治
性別:
男性

スポンサーリンク

最新コメント

[01/04 南譲治]
[12/31 NONAME]
[06/23 南譲治]
[06/22 Suberaki]

最新トラックバック

ブログ内検索

Copyright © 今日の晩御飯はサンマ定食 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]