忍者ブログ

今日の晩御飯はサンマ定食

読んだもの見たものやったものを自分なりに整理、紹介。備忘録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサーリンク


その他の記事はこちら

やっぱり亜人ちゃんは語りたいを語りたい!雪女のユッキーが印象的な2巻読了。


1巻を読んでからもっと読みたい!ってなっていた亜人ちゃんは語りたいの2巻を読みました。
この巻の表紙はデュラハンの町京子なのですが、一番印象に残るのは雪女の日下部雪ではないでしょうか。


拍手[0回]


スポンサーリンク


感想

1巻の感想でも書いたのですが、亜人だからこその悩みをみんな持っているんですよね。
そしてやっぱり女子高生なんですよね。
まぁ佐藤先生はちょっと違いますが。

主人公の高橋鉄男はそんな悩みに正面から向き合える数少ない人間というふうに見えます。
だからこそ、亜人ちゃん達に好かれるんだろうなぁって思いました。
一部には腕が良いという評価らしいですが。

この巻ですが、やっぱり表紙にもなっている町が可愛いんですよね。
第10話の佐藤先生と話をしている時の乙女感が本当に好きで、割りと気持ちをしっかり表現する子なんですが、やっぱり照れちゃって、みたいな展開が多くて、そういうところが本当に好きなんですよ。

まぁ2感のメインというか、一番印象的なのは雪女の日下部雪ですが。
1巻ではそこまで出てこなかったキャラなのですが、ここで一番の悩みについて明かされます。
それに対して、亜人への好奇心と先生として、また大人としての器とで正面から向き合う先生によってその悩みがほぐれていくんですよ。

その結果、1巻では誘いを断ったり、陰口を言われたりしていた雪が、同じ亜人であるひかりや町に心を開いていくんですね。


個人的にはこのひかりが雪にガシガシと軽く噛むところなんかが本当に好きで。
そのあと雪が町の頭を膝の上に乗せたりして。
仲良くなっていくんだなぁっていうのが描かれていてすごい印象に残りましたね。


さて、ここまで来てまだまともに悩みを明かす回が無いのはサキュバスの佐藤先生だけだったりします。
次の巻ではその佐藤先生にスポットが当たるようなのですが……強烈な催淫とかで高橋先生放送禁止状態にならないか心配ですね……。

あ、あと、番外編として最後に載っていた話で、ひかりと高橋先生の話が入っていました。
これなんですが、1巻のバンパイアにとって『血を吸う』ってどういうことなのか、っていうのの続きみたいになっていて、やっぱりひかりがめちゃくちゃ照れてます。
1巻の時よりも直接的なのですが、ひかりが照れて赤くなっているシーンが好きな人にはオススメですね。

次の巻は2016年の3月らしいので、あと半年くらいあります……。
首を長くして待ちましょう!

※ 1巻の感想はこちら。
『亜人』をあじんと読むのはもう古い!亜人ちゃんは語りたいを語りたい。




PR


スポンサーリンク


その他の記事はこちら

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS

プロフィール

HN:
譲治
性別:
男性

スポンサーリンク

最新コメント

[01/04 南譲治]
[12/31 NONAME]
[06/23 南譲治]
[06/22 Suberaki]

最新トラックバック

ブログ内検索

Copyright © 今日の晩御飯はサンマ定食 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]